ホーム » 日記

1 2 3 4 5 .. 次のページ »

最近、政界がざわついていますね|政治家特集

政治家:伊藤信太郎に関するニュースまとめ



伊藤信太郎はとても勉強熱心な政治家という印象がありますね。
慶応義塾大学経済学部経済学科を卒業し、
同大学院法学研究科政治学専攻修士課程を修了しています。

さらにその後に留学をしています。
アメリカン・フィルム・インスティチュートでは
映画監督プログラムを修了していますが、
これは日本人として初めて入学が許可されたという話です。

伊藤信太郎はその在学中、映画脚本を4本英語で書き上げ、監督も務めました。
学歴はここで終らず、ハーバード大学大学院では人文修士を終了します。

またさらにフランスに移住してはソルボンヌ大学にも学びに行ったようです。
伊藤氏はその後防衛庁長官に就任した
父・伊藤宗一郎の秘書官、ニュース番組のキャスター、
大学院非常勤講師、大学教授なども努めいます。

政治家としては父親の死後、自由民主党の公認候補として出馬し、
宮城県第4区で当選したのが始まりです。

議員失職を一度経験しましたが、
2012年の第46回衆議院議員総選挙で自民党から立候補、政治活動を再開させます。

ニュースとしては、「TPP参加の即時撤回を求める会」の会員として
名簿に名を連ねていたことが最近はもっとも印象に残っていますね。



政治家:稲津久に関するニュースまとめてた



稲津久は公明党に所属する衆議院議員であり、
現在は農林水産大臣政務官として活動しています。

政治家として働き出す以前は、医療法人仁恵会芦別精療院事務長として努めていました。
公明党の国会議員として北海道から初当選を果たすまでは、
北海道議会議員を3期10年の間に身を粉にして働いていた過去もあります。

一社会人としての稲津久は、医療、福祉、介護の現場で働いて、
病院改革に熱意を注いでいたのは確かです。

しかし、北海道議会議員の経験を積み、
北海道の農家を訪れた際に情熱に触れたことで、
現在の農林水産大臣政務官の立場で奔走を続けているのです。

稲津氏は、決して派手な話題はありません。
ニュースにするには地味すぎるかもしれませんが、
実に地道に政治活動を行っている印象を受けますね。

農林水産大臣政務官として農業関係者の生の声を聞き、意見を交わしています。
ある意味当然と言えば当然の活動ですが、
そこから農業関係者の要望や期待を受け止め、
政策に実現していく努力ができる政治家は少ないですからね。

TPP反対も、稲津氏がそんな農業関係者の立場を真摯に考えている証拠でしょう。
稲津久公式サイトのいなつチャンネルは、Youtube動画でその活動がチェックできます。



政治家:伊東良孝に関するニュースまとめ



2011年の東日本大震災や、少子高齢化等で日本の先行きを心配されている方も多いと思います。
昨年の総選挙で圧勝し、政権交代を果たした自民党には国民の声に耳を傾けて頑張って欲しいですね。

そんな自民党の衆議院議員の伊東良孝さんは第二次安倍内閣財務大臣財務官、
釧路市長等を歴任されています。伊東良孝さんの政策を拝見しますと、
地域医療に対する支援策の充実というものがありました。

私は持病があり定期的に病院に通っているのですが、
今住んでいる地域が医療が充実していることを有り難く思います。

人間は必ず病気をしますし、年齢と共に体が衰えるので、
地方でも医療が充実していないと困ってしまいますよね。

私の実家がある町も高齢者が多く病院が少ないので、
苦労されている方が多いようです。

地域差がなく、皆が安心して医療を受けられる日本になって欲しいです。
ただ、離島等に赴任されている医師の方を特集しているテレビ番組を見ますと、
一体いつ寝ているんだろうという位働いている方が多いですよね。

難しいのかもしれませんが、医師や看護師等、
働いている方があまり無理をしなくて
済むような制度も作って欲しいなと思います。

これから少子高齢化が進んでいくようなので、
ますます充実した医療が必要になってくると思うので、
政治家の方には頑張って欲しいです。



政治家:井上義久 に関するニュースまとめ



富山県出身の井上義久さんは、東北大学に進学した際、
高度経済成長に取り残された庶民の苦しみを目の当たりにして、
政治の世界へ興味を持ち始めた人です。

大学卒業後は、公明新聞の記者となり、公害問題や減反などの現場の取材を通じて、
庶民の目線からの政治批判を執筆してきました。

その後、1990年に行われた、衆議院議員総選挙に出馬し初当選を果たし、
政治家人生をスタートさせています。

庶民の味方であり続けたいとする井上義久さんは、
青春時代をすごした東北の復興へも力を注いでいます。

震災以前から、東北地方を愛している井上義久さんは、
元気な東北を築き上げるため、平成11年には「東北ヒューマンネット21」を立ち上げました。

出身地は富山ですが、まるで故郷のように東北を愛する井上義久さん。
そのため、自身の選挙事務所はもちろんのこと、
自宅も宮城県仙台市にかまえています。

井上義久さんは、弱者への支援についても精力的に取り組んでいます。
脳外傷者(高次能機能障碍者)などへの支援を積極的に政治の場で訴える井上義久さんは、
誠実な方なのだろうなと思います。


タグ /

何気に懐かしいAKBメンバー

ふと思う、あのAKBのメンバー。
AKB時代になにをやっていたんだろう?どんなニューズがあったんだろうって。

やってみました。探してみました。

AKB野口玲菜に関するニュースまとめ



野口玲菜ちゃんは元AKB48メンバーとして「ぐっさん」のニックネームで親しまれていました。
チームBに所属していたのですが、2009年2月に突然の卒業発表でAKBを去っていきました。

ニュースを聞いたファンはビックリしたでしょうね…。

ぐっさんこと野口玲菜ちゃんは、チームBにいる間にはボケ担当をしていたり、
ジャンケンのかけ声では「最初はぐっさん!じゃんけんぽん」などのかけ声が印象的です。

AKB48を明るく盛り上げてくれるキャラクターですね。
参加ユニットはチームB1stステージ「青春ガールズ」公演・雨の動物園(ラクダ)、
チームB2ndステージ「会いたかった」公演・恋のPLAN、
チームB3rdステージ「パジャマドライブ」公演・天使のしっぽなどです。

野口玲菜ちゃんがAKBを卒業したのはパジャマドライブ公演の千秋楽後でした。
AKBの第3期生の追加メンバーオーディションでデビューすることになったAKB野口玲菜茶んですが、
学業に専念するために卒業することになりました。

高校進学のタイミングでしたし、卒業するのも仕方ないですが、
芸能界引退はファンにとってはやはり寂しいものですね…。

惜しまれつつAKB48を卒業してしまいました。



AKB鈴木紫帆里に関するニュースまとめて



鈴木紫帆里ちゃんはAKBの元7期でチームBに昇格直後、
学業に専念することを理由に活動を辞退しました。

その後、再度オーディションを受けめでたく11期研究生として合格しました。
辞退後から1年2か月後、正規メンバーに昇格しチームBとして活動を開始しました。

鈴木紫帆里ちゃんは再出発してからはずいぶんと垢抜けてきた感じをうけましたが、
未だにぱっとしない感じが否めないのが正直な感想です。

復帰後のチーム所属がチームBだったのが原因のような気がしないでもないのです。
事務所の強さで露出が左右されたり、
「レギュラーメンバー」や「アンダーメンバー」などの括りに関して思うところはありますが、
どのメンバーよりもひとつ飛び抜けるにはやはり鈴木紫帆里ちゃんが
今後どれだけ努力していけるかだと思います。

ただ、安穏とAKBという名前のぬるま湯につかっていてはあがっていけません。
せっかく再出発できたのだからこのポジションを死守する覚悟で
AKBを盛り上げていってほしいと思います。

ファンの期待に応えることはもちろんですが自分に厳しい試練を与えることも大事ではないでしょうか。



AKB鈴木まりやに関するニュースまとめ



AKB鈴木まりやと森田涼花が主演したホラー映画
「あなたの知らない怖い話劇場版」と
「2チャンネルの呪い新劇場版・本厄」の初日の舞台挨拶を
共同で行ったことは、AKB鈴木まりやのファンの方なら、よくご存知ですよね?
この2作品の舞台挨拶ではAKB鈴木まりやと森田涼花のファンで満員御礼でしたね。

この2作品の舞台挨拶ではAKB鈴木まりやは、森田涼花の印象について
こんなことを語っていました。

「森田さんはおっとりしているけど、芯が強い女性なので憧れます」と
森田涼花をベタ褒め。一方の森田涼花は、AKB鈴木まりやの印象をこう語る

「鈴木さんはとってもチャーミングです。衣裳も可愛いのを着ていて。爪も可愛い」
と惜しみなくラブコールを送っていました。

若い女の子同士がお互いを褒め合うシーンと言うのは、なんとも微笑ましいです。
AKB鈴木まりやは、人一倍人見知りが激しい性格のようですが
森田涼花とは、すぐに意気投合。「すごく話しが弾んで良かった」と後に語っていたそうです。

AKB鈴木まりやは、自身が出演した作品、「2ちゃんねんるの呪い新劇場版・本厄」
について、「ハラハラドキドキで怖い作品でした」と語っていました。

出演している時と、実際に自分で出来あがった作品をスクリーンを通して観るのとでは
出演した本人でもだいぶ印象が変わってしまうようですね。

AKB鈴木まりやのファンからはとても評判が良かったこの作品。
AKB鈴木まりやのファンのためにも、次々とヒット作品を生み出せる
女優としても活躍してほしいですね。



AKB野呂佳代に関するニュースまとめ



AKBとSDN両グループに在籍していたメンバー【AKB野呂佳代】に関するニュースまとめて、
私なりに感想書いちゃいました。

AKB野呂佳代さんは、AKBとしては、
2006年に第二期オーディションに合格したことで加入することになり、
同年4月に公演デビューしました。

この方のニュースで特殊だと感じたのは、
2007年に漫才のコンテストである「M-1グランプリ」に出演し、
1回戦を突破したこと。これはファンの中でも大きな話題になりました。

また、これは2007年だけに限らず2008年も参加したということはニュースになりました。
2009年には、AKBだけでの活動だけではなく、SDN48として活動しています。

AKB卒業に関しては、2008年。SDN卒業に関しては2012年となっています。
また、AKB野呂佳代さんに関してはネットニュースでたびたび激太りといったことが報じられることが多く、
それに加えて、自身の声で、老いていくことが悲しいといった
趣旨の発言が多くなったということがニュースになっています。

このAKB野呂佳代のニュースに関する私なりの感想としては、
それほど、スキャンダルというようなこともなく、
円満に脱退し、芸能活動を継続させているという印象があります。

タグ /

GWは秋葉原へ行こう!企画。AKB特集

GWだからこそ秋葉原に行こう!!ってことで、
秋葉原ならAKBだろうってAKBの数人をまとめてみました。

@AKB小林香菜に関するニュースまとめて、私なりに感想書いちゃいました

小林香菜ちゃんに「元ジャニーズの男性と交際?」という噂が流されています。
有名人のゴシップは有名税と言われますが、AKBに関してはちょっと事情が違います。

交際発覚は命取りというイメージが定着してしまいました。
ツイッターなどで小林香菜ちゃんは完全否定しているようですが、
わたしは「火のないところに煙はたたぬ。」と踏んでいます。

小林香菜ちゃんと噂の男性は元ジャニーズの現在も俳優として活躍されている方だそうです。
小林香菜ちゃんといっしょにいるところを目撃した男性は
元ジャニーズの彼氏と知り合いだそうで、
もしかしたら元ジャニーズの売名にされてしまったのではないかと心配でなりません。

AKBの恋愛発覚はニュース性が強いので売名にはもってこいではないでしょうか?
小林香菜ちゃんの肩を持つ感想になってしまいましたが、
厳しいことをいえばAKBというパフォーマンス集団に所属している以上
ファン感情を重要視した行動をとってもらいたいものです。

ファンとしては指原 莉乃ちゃんの二の舞にならないように願いたいです。
21歳の女の子には酷な話ではありますが。


AAKB佐藤夏希に関するニュースまとめて

人気アイドルグループAKB48にかつて所属していたメンバー。
AKB佐藤夏希に関するニュースまとめて、私なりに感想書いちゃいました。

AKBへの所属自体は、2006年に開催されたオーディション(第二期)合格によるもので、
同年の4月に公演デビューしました。

その後、ニュースとしては、2010年のチームBへの移籍。
同年のメディア選抜入り、そして2012年のチームAへの移籍といったことが
大きなニュースとしてあげることができます。

AKB佐藤夏希さん自身はスキャンダルといったものは少なく、
昨年、2012年の脱退に関しても『学業に専念するため』ということで、
AKBでの活動だけではなく、芸能界自体を引退する旨が報告されました。

ただし、AKBメンバーが脱退する場合、
卒業公演や顔を出しての挨拶といったことが通常行われるのですが、
在籍期間の長いAKB佐藤夏希に対して何も行われなかったということは
いろいろな憶測をよんでいるようです。

私なりの感想としては、6年以上在籍したメンバーの最後の扱いということに関しては、
他の人同様に疑問点があるのですが、
すっぱり芸能界から引退して学業に専念するというスタンスは好感を持てます。


BAKB松岡由紀に関するニュースまとめて、私なりに感想書いちゃいました

松岡由紀ちゃんは元AKB48、旧チームBに所属していました。

まつゆき、ゆっきぃ、ゆきゆきなどのニックネームで親しまれていたのですが、
2009年2月1日にAKBを卒業していきましたね。

参加ユニットはチームB 1stステージ「青春ガールズ」公演・雨の動物園(パンダ)や、
チームB 2ndステージ「会いたかった」・恋のPLAN・リオの革命などです。

AKB48 チームB 3rdステージ「パジャマドライブ」千秋楽公演で卒業ということになったのですが、
卒業の発表は2008年12月6日でした。

パジャマドライブの夜公演後に松岡由紀ちゃん本人から発表されました。
ニュースが突然もたらされたファンにとっては驚きと寂しさがありますよね…。

卒業発表の際は泣くのをこらえる姿が印象的だった人も多いでしょう。
AKBの松岡由紀ちゃんとしての活躍はもう見ることができませんが、
卒業後に個人のブログを起ち上げたり、
女優業を頑張っている姿は応援したくなりますね!

松岡由紀ちゃんは現在も女優として活躍中で、
テレビ東京系列のドラマにも出演したりしています。

嬢王〜Virgin〜では純レギュラーの役柄で登場していますから、
今後もドラマや映画の出演などが期待できそうですね!


BAKB上村彩子に関するニュースまとめ

AKB上村彩子は、AKB48の第2期生オーディションに合格した
元AKB48のメンバーですよね。

同期メンバーには大島優子と秋元才加がいます。
上村彩子は、2006年の4月にAKB48旧チームのKのメンバーの
一員として劇場デビューを果たしていますが、体調不良のため、2006年6月に
AKB48を脱退しています。

その後、元氣プロジェクトの元氣塾に入塾。
声優デビューを果たしました。

現在では、主に声優として活躍しています。
上村彩子は「あやたん、あーや」という愛称で呼ばれることもあるようです。


上村彩子は、元氣プロジェクトを経て現在ではオフィスワタナベに移籍し
活動の幅を広げています。

上村彩子が出演したアニメ作品としては、NHKで放映中の「バクマン」や
「会長はメイド様」、「アマガミSS+plus(七咲逢編)」などがあります。
教育用のアニメ作品にも複数出演し、ゲームでも声優として活躍。

ラジオ番組でもDJを務めた時期がありました。
上村彩子がAKB48に在籍している時は、体調の悪化が心配されましたが
元氣プロジェクトを経て、見事声優としての活動場所を得た彼女。

AKB48時代には、惜しくもその才能を充分発揮することができませんでしたが
声優としての才能を開花するべく、体調管理に気を付けながら
声優活動を頑張って欲しいですね。

タグ /
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。