何気に懐かしいAKBメンバー

ふと思う、あのAKBのメンバー。
AKB時代になにをやっていたんだろう?どんなニューズがあったんだろうって。

やってみました。探してみました。

AKB野口玲菜に関するニュースまとめ



野口玲菜ちゃんは元AKB48メンバーとして「ぐっさん」のニックネームで親しまれていました。
チームBに所属していたのですが、2009年2月に突然の卒業発表でAKBを去っていきました。

ニュースを聞いたファンはビックリしたでしょうね…。

ぐっさんこと野口玲菜ちゃんは、チームBにいる間にはボケ担当をしていたり、
ジャンケンのかけ声では「最初はぐっさん!じゃんけんぽん」などのかけ声が印象的です。

AKB48を明るく盛り上げてくれるキャラクターですね。
参加ユニットはチームB1stステージ「青春ガールズ」公演・雨の動物園(ラクダ)、
チームB2ndステージ「会いたかった」公演・恋のPLAN、
チームB3rdステージ「パジャマドライブ」公演・天使のしっぽなどです。

野口玲菜ちゃんがAKBを卒業したのはパジャマドライブ公演の千秋楽後でした。
AKBの第3期生の追加メンバーオーディションでデビューすることになったAKB野口玲菜茶んですが、
学業に専念するために卒業することになりました。

高校進学のタイミングでしたし、卒業するのも仕方ないですが、
芸能界引退はファンにとってはやはり寂しいものですね…。

惜しまれつつAKB48を卒業してしまいました。



AKB鈴木紫帆里に関するニュースまとめて



鈴木紫帆里ちゃんはAKBの元7期でチームBに昇格直後、
学業に専念することを理由に活動を辞退しました。

その後、再度オーディションを受けめでたく11期研究生として合格しました。
辞退後から1年2か月後、正規メンバーに昇格しチームBとして活動を開始しました。

鈴木紫帆里ちゃんは再出発してからはずいぶんと垢抜けてきた感じをうけましたが、
未だにぱっとしない感じが否めないのが正直な感想です。

復帰後のチーム所属がチームBだったのが原因のような気がしないでもないのです。
事務所の強さで露出が左右されたり、
「レギュラーメンバー」や「アンダーメンバー」などの括りに関して思うところはありますが、
どのメンバーよりもひとつ飛び抜けるにはやはり鈴木紫帆里ちゃんが
今後どれだけ努力していけるかだと思います。

ただ、安穏とAKBという名前のぬるま湯につかっていてはあがっていけません。
せっかく再出発できたのだからこのポジションを死守する覚悟で
AKBを盛り上げていってほしいと思います。

ファンの期待に応えることはもちろんですが自分に厳しい試練を与えることも大事ではないでしょうか。



AKB鈴木まりやに関するニュースまとめ



AKB鈴木まりやと森田涼花が主演したホラー映画
「あなたの知らない怖い話劇場版」と
「2チャンネルの呪い新劇場版・本厄」の初日の舞台挨拶を
共同で行ったことは、AKB鈴木まりやのファンの方なら、よくご存知ですよね?
この2作品の舞台挨拶ではAKB鈴木まりやと森田涼花のファンで満員御礼でしたね。

この2作品の舞台挨拶ではAKB鈴木まりやは、森田涼花の印象について
こんなことを語っていました。

「森田さんはおっとりしているけど、芯が強い女性なので憧れます」と
森田涼花をベタ褒め。一方の森田涼花は、AKB鈴木まりやの印象をこう語る

「鈴木さんはとってもチャーミングです。衣裳も可愛いのを着ていて。爪も可愛い」
と惜しみなくラブコールを送っていました。

若い女の子同士がお互いを褒め合うシーンと言うのは、なんとも微笑ましいです。
AKB鈴木まりやは、人一倍人見知りが激しい性格のようですが
森田涼花とは、すぐに意気投合。「すごく話しが弾んで良かった」と後に語っていたそうです。

AKB鈴木まりやは、自身が出演した作品、「2ちゃんねんるの呪い新劇場版・本厄」
について、「ハラハラドキドキで怖い作品でした」と語っていました。

出演している時と、実際に自分で出来あがった作品をスクリーンを通して観るのとでは
出演した本人でもだいぶ印象が変わってしまうようですね。

AKB鈴木まりやのファンからはとても評判が良かったこの作品。
AKB鈴木まりやのファンのためにも、次々とヒット作品を生み出せる
女優としても活躍してほしいですね。



AKB野呂佳代に関するニュースまとめ



AKBとSDN両グループに在籍していたメンバー【AKB野呂佳代】に関するニュースまとめて、
私なりに感想書いちゃいました。

AKB野呂佳代さんは、AKBとしては、
2006年に第二期オーディションに合格したことで加入することになり、
同年4月に公演デビューしました。

この方のニュースで特殊だと感じたのは、
2007年に漫才のコンテストである「M-1グランプリ」に出演し、
1回戦を突破したこと。これはファンの中でも大きな話題になりました。

また、これは2007年だけに限らず2008年も参加したということはニュースになりました。
2009年には、AKBだけでの活動だけではなく、SDN48として活動しています。

AKB卒業に関しては、2008年。SDN卒業に関しては2012年となっています。
また、AKB野呂佳代さんに関してはネットニュースでたびたび激太りといったことが報じられることが多く、
それに加えて、自身の声で、老いていくことが悲しいといった
趣旨の発言が多くなったということがニュースになっています。

このAKB野呂佳代のニュースに関する私なりの感想としては、
それほど、スキャンダルというようなこともなく、
円満に脱退し、芸能活動を継続させているという印象があります。


タグ /

不人気企画の第2弾 政治家特集2

またまたやってしまいました。
超不人気企画の政治家ニュースまとめなんです。

本当にエンタメは需要があって、政治経済はあまり興味を持たれないなぁって思います。



政治家:石原宏高に関するニュースまとめ



石原宏高氏は神奈川県出身で、大学卒業後日本興業銀行へ入行。

ニューヨーク支店やバンコク支店では調査役を務め、
国際社会の中での日本の金融政策を実務として体験しており、
グローバルな感性を持ち合わせている政治家です。

衆議院選挙では毎回、保守派と野党が対立する激戦区となる東京3区から出馬しており、
民主党との戦いを繰り広げる中、2005年の総選挙で石原氏が初当選を果たしました。

その後民主党の大きな波にのまれ落選したものの、
2012年総選挙では約2000票で返り咲きを果たしています。

父は衆議院議員で環境庁長官、運輸大臣、
東京都知事を4期歴任した石原慎太郎で、三男です。

叔父は、俳優の石原裕次郎、兄は衆議院議員、前自由民主党幹事長の石原伸晃とタレント、
気象予報士の石原良純がおり、弟に画家の石原延啓がいます。

石原宏高氏の政治的理念として「自立と共生」を掲げており、
「働こうぜ、稼ごうぜ日本(自助、自立の国家を目指して)」をスローガンとしている。

政策の一つとして雇用対策では、円高、デフレを克服するために、
日本全体の雇用の7割を占めている中小企業を支援し、
外国人労働者の受け入れや海外での仕事獲得支援を掲げている。


政治家:西村明宏に関するニュースまとめ



西村明宏は福岡県北九州市出身の政治家ですね。
自由民主党の衆議院議員であり、早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業後、
同じく大学院で政治学研究家を修了、という経歴を持ちます。

書家の西村天峰(にしむらてんぽう)を父に持ち、
東北福祉大学辞任教授として教鞭をとっていることから、
人脈が広いことも伺えます。

西村明宏は2003年の第43回衆議院議員総選挙に
宮城3区で自民党から出馬、このとき初当選となります。

しかし第45回衆議院議員総選挙では
公明党の推薦を受けながらも落選する、などの経験もしています。

政治家として国政に復帰したのは第46回衆議院議員総選挙です。
西村氏に関するニュースとしては、表現規制の推進を行っていることが話題になったでしょうか。


極左ジェンダーフリー系表現規制推進団体の「ポルノ・売春問題研究会」に協力した自民党女性局にて、
役員を務めていたのです。アダルトゲームや天皇制を批判している団体が
アダルトゲームバッシングをした際のことです。

西村明宏は被災地の復興にも積極的に活動しており、
小泉進次郎議員との連携もニュースになりました。

復興のために尽力し、被災地で陣頭指揮をとる西村氏を安倍晋三も応援していましたね。


政治家:西川公也に関するニュースまとめ



自由民主党所属の衆議院議員、西川公也は、栃木県出身、栃木県庁出身の政治家です。
過去、第2次小泉改造内閣の内閣府副大臣(郵政民営化担当)に任命されたことで、
一気にその名を知られるところとなりました。

その後2009年には落選を経験していますが、2012年12月に行われた
第46回衆議院議員総選挙では見事当選、国政復帰を果たし、
現在は二階派事務総長に就任しています。

統一教会の集団結婚式(天宙平和連合祖国郷土還元日本大会)に
祝電を送っていたなど不思議な面が取りざたされたこともありますが、
その活動は概ね良心的。


しかし、西川公也が一番に行っている表現規制推進については、
個人的にはなんともはっきりとした是非を言うことができません。

相次ぐ児童が殺害される事件、児童に関わる性犯罪の原因の一端を担うものに、
「暴力的なコミックと過激なゲームソフト」があるとする彼の意見は確かに正しいのでしょうが、
一方的におそれらの表現を規制してしまうことで、
芸術性が損なわれていく可能性も考慮しなければならないと思うのです。

何が悪くて何が良いか、と言う基準はとても曖昧で、見る人の精神状況にもよりますし、
やみくもに規定すればよくなるというものでもなく、
隠されていればそれがかえって刺激になると言うことすらあります。

漫画、アニメ、ゲーム、映画を規制する青少年健全育成基本法の制定は、
そういったものの現状をよく知らない大人だけが
勝手に決め付けてはいけない何かがあるような気もしてしまうのです。

タグ /

人気企画の芸能人ニュースまとめ

最近結構人気になってきた、この芸能人にゅーすまとめ、
残念なことに次回は政治家さんにしようと思っています。

今回は人気の芸能人なのですが、ちょっと時間の関係で3人だけです。
ではでははじめましょう



芸能人:井上真央に関するニュースまとめ



井上真央さんは5歳で子役デビューをし、キッズ・ウォーなど子役時代にも
数々のドラマ・CMで活躍されている女優さんです。

明治大学に進学後、学業に専念するために芸能活動を一時休止していましたが、
芸能活動再開後は「花より男子」や
NHKの連続テレビ小説「おひさま」でヒロイン役を務めるなど、一層活躍されています。

井上真央さんは昨年「八日目の蝉」の演技で第35回日本アカデミー賞
の最優秀主演女優賞を受賞しました。

そして、今年の第36回日本アカデミー賞授賞式では2011年の紅白に続き、
2度目の総合司会を果たしています。

「次はお笑い芸人役をやってみたい」と舞台あいさつで発言するほどお笑いに強く興味がある井上真央さん、
「新春大売出し!さんまのまんま」では若手芸人発掘コーナーで若手芸人を紹介しています。

昨年入籍した小栗旬さんと山田優さんのハワイでの結婚式では、
花嫁のブーケトスを井上真央さんが受け取ったそうです。

「花より男子」で共演した松潤と井上さんは熱愛との噂が絶えず、
結婚間近?などとネット上ではささやかれていますが、
真偽のほどは定かではありません。

文字や手紙を書くことも好きで、「おひさま」での手紙や文字などは
すべて井上真央さん自身が書かれたものだそうです。

そのことをきっかけに「最も万年筆が似合う人」に贈られる
「第8回万年筆ベストコーディネート賞」を受賞されています。

お日様のような笑顔だけでなく、所作も美しい井上真央さんはこれからも注目の女優さんです。



芸能人:井上和香に関するニュースまとめ



「ワカパイ」の愛称でもおなじみ、井上和香さんは2002年、
21歳の時にグラビアでデビューしました。

当時、B90・W60・H90だった井上和香さんは、
マリリンモンローとスリーサイズが同じ、という理由で小堺一機さんに「和製モンロー」と名付けられましたが、
これは実際は小堺さんがモンローのサイズを間違えて覚えていたという後日談付です。

ぷっくらした唇が特徴的で、妖艶な表情と抜群のスタイルは男性は
もちろん女性からも憧れの的です。最近はグラビアでの水着姿を見ることこそなくなりましたが、
「井上和香オフィシャルアプリ」http://free.gree.jp/pc/android/app/post_5.htmlでは
大人の色香漂うオフィシャルフォトも楽しめます。

以前はバラエティ番組での活躍もされていて、
2007年の「ゴチになります8」ではわずか1年でクビになってしまいました。

現在は女優業を中心に活動されています。
昨年、映画化もされたドラマ「荒川 アンダー ザ ブリッジ」の出演がきっかけで
出会った監督の飯塚健さんと井上和香さんの誕生日に入籍、結婚されました。

井上和香オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/inoue-waka/
「32歳のどアップすっぴん」を公開し、ノーメイクとは思えない美しいすっぴん顔が話題になりました。

結婚もされて、ますます艶やかな井上和香さんの今後の活躍に期待です。




芸能人:安室奈美恵に関するニュースまとめ



安室奈美恵さんは沖縄県出身でヴィジョンファクトリー所属の歌手です。
歌手活動やCM、ライブツアー、ドラマ、映画などで活動されています。

中学2年生の時に彼女が通っていたアクタースクールのダンスグループ「SUPER MONKY'S」の一員に選ばれ、
1992年に芸能界活動を始めました。

日本レコード大賞やゴールデン・アロー賞、
ベストドレッサー賞などの数多くの賞を受賞されています。

今年の活動としましては2月23日から4月26日までライブツアー、
「Namie Amuro ASIA TOUR 2013」というタイトルで3公演されることが予定されています。

また2013年2月27日には
「namie amuro 5 Major Domes Tour 2012〜20th Anniversary Best〜」の
ライブDVDとブルーレイが発売されます。

合計30もの曲が収録されており、
その中には約80万人ものファンからの選曲が25曲と新曲が5曲収録されています。

私自身安室奈美恵さんの曲は小学校高学年以来、聞いています。
まだまだ活躍中の安室さん、これからも楽しい音楽の世界を味わわせてほしいです。
ご活躍に期待しております!

タグ /

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。